So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

本日最終日『柴野利彦展 -SWISS TIMETABLE-』17時まで [開催中の展示会情報]

早いもので10月も本日が最終日となりました。
開催中『柴野利彦展 -SWISS TIMETABLE-』は17時まで。
15時頃から17時までは作家さんも在廊されます。

明るい色彩と、眺めていると絵の中の世界へ引き込まれてしまうような夢のある作品たち。
どうぞお見逃しなく!

shibano1.JPG
shibano6.JPG
shibano5.JPG
shibano7.JPG
shibano4.JPG

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

予告『Kimono Tango 着物リメイク展』11/2(木)~11/30(木)@Galleria Caffé U_U [予告]

kimonotango1711.jpg

着物リメイクの世界で大ブレイク中の『Kimono Tango』さんの作品展が今年もやってきます!
今や東京のみならず各地の有名デパートの展示会でも引っ張りだこのKomono Tangoさん。
西陣織などの正絹の着物や帯を、その着物の本来のデザインや風合いを壊すことなく日常に取り入れることを
念頭に置いてバックや生活雑貨へとリメイクしています。

「日本の地で長い間はぐくまれてきた伝統文化である着物を、最上級の敬意を払いながら現在進行形文化へと刷新していく」ことを基本理念に据えて活動されているだけあり、そのデザインセンスは秀逸です。

大人気の2WAYトートバックや、パーティーシーンにも普段使いにも使えるショルダーバック、洋装にもピッタリなクラッチバックなどの各種バックをはじめ、クッションカバー、ペンケース、名刺入れなど、着物地や帯をあますところなくステキにリメイクした作品たち。

今回は当店の展示中としては初のこころみとして、世界に一つだけのコースター創りワークショップも開催します♪

『Kimono Tango コースター創りワークショップ』
11/19(日)14:00~
¥3,100(コースター2枚、1ドリンク+スイーツ付き)
お問い合せはガレリアカフェユウへ(03-3944-2356)※お席が限られているのでご予約はお早めに。

171119000.jpg

作品展は11/30(木)まで開催します。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ワインを片手にアートを語る『Art Dialogue in 柴野利彦展』10/28(土)19:30~ [開催中の展示会情報]

【ワイングラス片手にアートを語る】

美術館はもちろん飲食禁止、画廊でもお茶を出してくださるところは多いですが、オープニングパーティでもない限りお酒を片手に・・・と言うのはあまり多くないのではないでしょうか?

カフェギャラリーだからこそ!のワイングラスを片手にアートを語る♪今週土曜日夜にこんな会を開催します!
アートコミュニケーター小松一世さんがピックアップした開催中『柴野利彦展 -SWISS TIMETABLE-』の作品を、ワイングラスを片手に鑑賞し作品から受けるイマジネーションを語ってみます♪
もちろん店内の作品はすべてご覧になれますので、赤ワインに合うのはこれかなー、白ワインだったらこれ・・・なんて考えてみるのも面白いかも。

詳細は当店ブログにて↓
http://i-would-be.dreamlog.jp/archives/9666887.html

お申込お問い合せはお電話で。
03(3944)2356

mariage.jpg

『柴野利彦展 -SWISS TIMETABLE-』は10/31(火)17時まで開催中です♪
<次回作家在廊予定日>
10/28(土)16:00頃~20:00
10/29(日)16:00頃~20:00
10/31(火)15:00頃~17:00



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

開催中『柴野利彦展 -SWISS TIMETABLE-』オリジナル作品が描かれた時刻表の画像 [開催中の展示会情報]

10/1からスタートした『柴野利彦展 -SWISS TIMETABLE-』は、柴野氏が1987年から20年にわたり滞在先のスイスで入手した時刻表に日記のようにその時の心象風景を描き続けた作品展です。

スイスの時刻表に描かれた絵?
そう言われてもなかなか分かりづらいですよね。

と言うことで、その時刻表示自体の写真をいただきました。それがこちら!
timetable2.jpg

お分かりになるでしょうか?これは背表紙側から撮影したものですが、ページ側は分厚く開いています。
そう、本が閉じなくなるほどたくさんのページに絵が描いてあるから!

当時のスイスの時刻表は700頁ほどの厚さ10cm以上の冊子ですが、そこに約250点の絵を描いたそうです。
20年かけて250点!
それらは時系列に並んでいるでもなく、おもむろに開いたところからその時の心象風景を日記のように綴ったのだとか。

残念ながら原本はかなり繊細に扱わないと崩れる状態にあり、今回の展示会場では写真の公開のみとなりました。

・・・表側が観たい?
そうですよね。そのお気持ちはよく分かります。
なので、画像はいただいております♪
ご覧になりたい方はスタッフにお尋ねください。そっ~とご覧にいれます(^o^)

『柴野利彦展 -SWISS TIMETABLE-』は10/31(火)17時まで開催中です。
<作家在廊予定日>
10/28(土)16:00頃~20:00
10/29(日)16:00頃~20:00
10/31(火)15:00頃~17:00

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

明日最終日『大城組の小さな巨匠たち』~9/30(金)20時まで [開催中の展示会情報]

今月の壁面を飾ってくれた、熊本・福岡の特別支援学級の生徒さんたちの作品展『大城組の小さな巨匠たち』も明日が最終日となりました。

彼らの心の中から真っ直ぐに飛び出してきた言葉や風景や動物たちは、観る者の心に直球に届き、多くの方に感動を与えてくれました。
そして「eこころ月間」として作品と様々なコラボレーションイベントを開催出来たのも、彼らの作品の力のおかげだったと思います。

展示は明日20時まで。彼らの資金源となる作品集の販売も行っております。
どうかお見逃しないように!

ookigumi11.JPG
ookigumi2.JPG
ookigumi13.JPG

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

予告『柴野利彦展 - SWISS TIMETABLE - 』10/1(日)~10/31(火)17:00まで@Galleria Caffé U_U [予告]

今年も残すところ3ヶ月・・・早いですね。さて10月の当店の壁面ギャラリーはこちらです。

『柴野利彦展 - SWISS TIMETABLE - 』10/1(日)~10/31(火)17:00まで
201710.jpg

時刻表のページに綴られた「絵画」・・・柴野氏が訪れた先であるスイスで、日記に綴るように描き続けた「心象風景」
1987年から20年以上にわたって少しづつ描いた約250枚の中からセレクトした15点ばかりを、「クローン・ペインティング」と名付けられたオリジナル製法による版画で再現しました。版画、と言っても印刷した複製の上から丁寧に彩色した作品。
柴野氏の原点とも言える作品群を版画+手彩色という贅沢な復元でご覧いただきます。

柴野氏自らから寄せられた今回の展示に関するコメントを記します。
----------
「スイスの時刻表」について
柴野利彦

まずこの個展「スイスの時刻表」を実現させるには、幾らかの経緯があったことをお伝えします。
というのも、オリジナルの絵は1987年にスイスに仕事で行った時に入手した時刻表の各ページ上に描かれているからです。
ページを切り取って展示することも考えたのですが、それでは散逸する怖れがあります。展示は不可能かもしれないと長い間思っていました。
ところが今年4月に半世紀にわたる親友であった作家の田代櫂が亡くなり、本腰を入れて実現させる気になりました。
彼は海外の作曲家研究の分厚い本を何冊もものにして、この9月には「クルトヴァイル」( 春秋社刊)を上梓しながら自分ではその完成を見ることがありませんでした。
私自身のWeb上の画廊である「Galerly L’espoir」にこれを載せた時、彼から「スイスの時刻表を個展で見られないかな?」と言われ、うっすらとそれが頭のどこかに引っかかっていました。
彼は「ぼくは『スイスの時刻表』シリーズが好きで、この言葉を気軽に使わせてもらえるならば、天才的な豊穣さを感じます。ただしこれは展示に問題がありそうですね」と皮肉屋としては珍しく過分な褒め言葉をメールで送ってきました。
今回、個展を決めてから色々と試行錯誤をし、やっとたどり着いたのが古典絵画などの修復で用いられている一旦撮影してから紙に薄く印刷し、その上に丁寧に彩色していく方法です。現代の技術を用いた版画で、「クローン・ペインティング」と名付けました。もうすこし早く取り組んでいれば彼に見てもらえたのに、とすこし悲しい気持ちです。
「スイスの時刻表」は一言で表現すれば、心象風景です。20年以上にわたって少しづつ描いた250枚くらいの絵が時刻表の中に入っています。自分では他人に見せることを意識していない日記みたいなものだと思っています。今回は、自分の好きな15点ばかりを選んでみました。いつしか100点くらいの個展を開きたいと思っています。
----------
『柴野利彦展 - SWISS TIMETABLE - 』は10/31(火)17時まで開催します。
なお、初日10/1(日)17:00からは「MINI LIVE」を開催します。
※入場無料、ウェルカムドリンク付き(追加オーダーは実費)

作家在廊予定は以下の通りです。変更がある場合は、Facebookページでお知らせ致します。

<作家在廊日(予定)>
10/1(日)12:00~20:00頃
10/7(土)16:00頃~
10/8(日)16:00頃~
10/21(土)16:00頃~
10/28(土)16:00頃~
10/29(日)16:00頃~
10/31(火)15:00頃~17:00


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

【お知らせ】開催中『大城組の小さな巨匠たち』会期最終日が9/29(金)に変更となりました。 [開催中の展示会情報]

都合により表題の通り変更となりました。
ご予定くださった皆様には大変申し訳なく存じます。
29日までは後期作品を展示中ですので、ぜひお運びくださいませ。

Yutax大城組2017.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

本日より後期作品展示スタート『大城組の小さな巨匠たち』~9/30(土)@Galleria Caffé U_U [開催中の展示会情報]

開催中の熊本の特別支援学級生徒作品展『大城組の小さな巨匠たち』は本日より作品を入替え、後期展示がスタートしました。
前期に引き続き7名の生徒さん達の作品ではありますが、2点を除く全作品を入れ替えました。
今回は「詩」作品が多くあり、子どもが書いたとは到底思えない含蓄ある言葉や、熊本地震の時の様子を思わぬ視点で表現した作品、色合いの美しいパステルの抽象画など、見応え読み応えたっぷりです。

そして、先日開催した「Art Dialogue」で取り上げた2作品「阿蘇山」と「うさぎ」も展示致しました。
レポートはこちら
大人達に様々な想像を膨らませてくれた作品です。

また、前期に引き続き展示をしているのは「熊本城」「あきらめるって・・・」の2作品です。
こちらも今月開催した「コラボレーションライヴ ”DJ Yuta x 大城組 奇跡 Special Live!!”」で即興で曲を付けていただきました作品です。
レポートはこちら
こちらは近日動画を少しだけ公開する予定ですのでお楽しみに♪

ほとんどの作品を入れ替えましたので、雰囲気もまたひと味違っております。
ぜひ足をお運びいただければ嬉しいです!

『大城組の小さな巨匠たち』は9/30(土)まで。

ookigumi11.JPG
ookigumi12.JPG
ookigumi13.JPG

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

本日スタート『大城組の小さな巨匠たち 展』9/3(日)~9/30(土)@Galleria Caffé U_U [開催中の展示会情報]

本日より9月の作品展がスタートです。
今月は、2012年から私たちが続けている”アートで心を育む”「eこころ企画」推奨展として
【大城組の小さな巨匠たち 展】を開催します。
熊本・福岡の特別支援学校・特別支援学級の生徒さん達7名の、のびやかで素直な絵画や詩の作品です。

ookigumi1.JPG
ookigumi2.JPG
大城組の子どもたち.jpg

実は彼らの作品は私たちの背中を教えてくれた作品でもあるのです。
開催によせて.jpg

作品は壁面に収まらないくらいたくさん送っていただいたので、会期途中で展示替えを致します。

また、期間中に【"DJ Yuta & Yuichi" x 大城組 奇跡のコラボレーションライヴ】を開催します!

【"DJ Yuta & Yuichi" x 大城組 奇跡のコラボレーションライヴ】
DJ Yuta&Yuichiと大城組が出会った。奇跡のコラボがここに実現!!新たな可能性が、ここからはじまる・・・!!

日時:9月10日(日)14:00~
チャージ:¥2,000+カフェオーダー
※詳細はこちらから。http://i-would-be.dreamlog.jp/archives/9632313.html

<DJ Yuta & Yuichi プロフィール>
DJ Yutaは学生の頃に電子音楽にハマり独学でDTMを始める。そんな中プロデューサー「Yuichi」と出会い、2014年に「DJ Yuta & Yuichi」を結成。DJ Yutaは手に障がいがあるため、楽曲制作には基本的にパソコンを使った作曲がメインだが、ライヴでの演奏では彼の音楽人生を変えた、コルグ社のタッチ式シンセサイザーを器用に使いこなし、即興ライクなパフォーマンスを確立している。2015年10月には東京国際フォーラムで行われた「第12回ゴールドコンサート」という国際音楽コンテストに「Night sky Sugar」という沖縄をモチーフにしたオリジナル曲で出演し、100組以上の応募から事前オーディションで厳選されたバンド10組の中から最優秀賞を受賞。審査員長である音楽評論家で、作詞家「湯川れい子氏」に大絶賛される。その功績が鳥取県知事にも認められ、2020へ向けての文化事業で出演を依頼されるなど、活躍の場を広げている。 

【大城組の小さな巨匠たち】
福岡と熊本の特別支援学校・特別支援学級に在籍していた子ども達と、その保護者を中心に構成された団体。主に絵画や詩や書などの作品制作や展覧会の開催を通して、支援の必要な子ども達の社会参加の場の拡大と、社会へ正しい啓発のメッセージを伝えることを目的として、特別支援学級の大城由紀子教諭の働きかけの元に、2009年から活動している。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

本日最終日『切り師 長屋 明の超絶の技 奇跡の切り絵作品集出版記念展』@Galleria Caffé U_U [開催中の展示会情報]

雨続きだった8月も本日が最終日。
開催中の『切り師 長屋 明の超絶の技 奇跡の切り絵作品集出版記念展』も本日が最終日となります。
20時までご覧いただけます。

観る者を感嘆させる切り絵の技の数々。
毎年のことではありますが、何度も「え?これが切り絵なんですか?」と今年も何度も驚かれました。
この凄さは画像でも分かりますが、実際目にした時の驚きは想像以上です。

この展示期間中だけの目玉作品、この展示が終わるまでだけです。それも本日一杯。
まだご覧になっていない方はお急ぎ下さい。本日20:00までご覧いただけます。

nagaya9.JPG
nagaya4.JPG

nagaya3.JPG
nagaya5.JPG
nagaya6.JPG
nagaya7.JPG
nagaya10.JPG

nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | -