So-net無料ブログ作成
検索選択

ジャズと写真はちょっと似ている?? [コラム~アートで心豊かな生活を]

先日、開催中の写真展を見る為にお越し下さった、こちらも兼業写真家のお客様と展示作品をご覧になりながらお話ししている中に、
「写真ってどうしても絵画より低く見られがちで・・・」
と言う話が出ました。

個人的にはそう思ったことがなかったのですが、驚きとともに良く考えてみると、確かに「芸術」という分野では一般の方からは一部そう思われるフシがあるかもしれない。

カメラの技術はどんどん進化して(いることが良いかどうかは置いておき)、メーカーは誰が撮っても”ある程度の”写真が撮れることを目指すことが多いように思う。
そして”趣味”の世界ではカメラ人口は年々増加傾向にあるのだと聞いたこともある。
写真を愉しむ人が増えること自体はイイコトではないかと確かに思う。

それが「芸術」における写真の地位!?を低くしているのか???

そんな話を閉店後にマスターと話していたところ
「歴史が浅いからじゃない?」
と言う意見が出ました。

確かに、絵画は有史以前から壁画などにも見られていたけれど、写真は最古と言われる物でもたかだか200年にも満たない。
そこでふと思う。

写真とジャズってちょっと似ている??

ジャズの歴史も100年あまり。クラシック音楽に比べれば最近の話と言える。
・・・とすれば、絵画はクラシックってこと??

音楽の専門家ではないので正確なところは分かりませんが、歴史の面でも、技法の面でも、写真はジャズ・絵画はクラシックと喩えられるかもしれません。

写真はその場にあって刻一刻と変化している「今」を切り取っているもの。
絵画はある技法に基づきキャンバスの上でより「完成」を目指して表現しているもの。

即興を主とするジャズと
譜面を主とするクラシック。

そしてその型を破り進化しようと模索し生まれる現代アート、現代音楽へと続いている。

今の時代、手軽にはじめられると言う意味でもジャズと写真は似ているのかもしれません。
最近のカメラであれば誰でもある程度の写真は撮れる。ジャズも楽器があればある程度のジャズ”風”音楽は奏でられる。
一方クラシック音楽はそれなりの学校へ通わないと出来ないと思うところが、絵画とも似ているようにも思います。特に油彩はそうでしょうか。

もちろん写真・絵画も、音楽も、プロとアマで積み重ねの違いがあるわけですが、それは主題ではないのでここでは省略。

ただ、
冒頭の「写真は絵画より低く見られがち」と言う意見も、写真と絵画の関係性がジャズとクラシックと似ているところなのかもしれない、とふと思いました。
音楽を聴くことにおいても、ジャズはクラシックより低く思われがち、なこともジャズライヴを開催している立場からすると多少感じるところでもあります。

どのジャンルの芸術でも人の好みはそれぞれ。何が良くて何が悪いと言うことではありません。
ただ、もし本当にAよりBの方が価値が高い低いとイメージだけで決められてしまっているのであれば残念だな、と。

何はともあれ、写真も絵画も、ジャズもクラシックも、もちろん他の芸術もですが、生み出す人もそれらを享受する人も全ての携わる人々が誇りを持って携われると良いなと思っています。
それには自分がどう感じているかを自信を持って感じ取ってゆけること。自分の感性を磨くこと。

私たちの店で提供するアート・音楽・文学・食文化の面から、自分の感性を磨くことをお手伝いしてゆきたい、と改めて思った出来事でした。

そういえば、お客様で写真家の先生がジャズが大好きで、それが高じて写真家仲間で昔ジャズバーを作ったのだと聞いたことがあります。また超大物ジャズプレイヤーを数々カメラに収めてきた某有名写真家の先生も老舗のジャズクラブ経営者でした!写真とジャズ・・・実は惹かれ合い響き合う関係なのかもしれませんね。今度お目に掛かったらそんな話も聞いてみようかな。

8e20b12c.jpg
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。