So-net無料ブログ作成
検索選択

開催中『Galleria Caffe U_U Connection展【P-ART-Y展】』~1/31(火)17:00まで [開催中の展示会情報]

早いもので1月も残り1週間となりました。
さて、今月当店の壁面ギャラリーでは、2017年を飾ってくださる作家さんたちによるご紹介展を開催しています。
その作品を個展のご予定と共にご紹介して参りましょう。

<出展作家>
上田朱(切手絵本と原画)
工房とど(陶芸、干支作品)
齋藤龍弘(絵画)
柴田利彦(BOXアート)
水中庭園coco.(イラスト)
長谷川鋳工所(干支置物)
柳井貴光(絵画)
Kimono Tango(西陣織り帯バック)
Midori K Luck(絵画)

まずは、上田朱(切手絵本と原画)さん。
先月に引き続き希少生物切手の絵本と原画を展示いただいていますが、内容は変わっています。
今回はシロクマやカワイルカなど、一般的に馴染みがありながらも実はレッドリストに載っている、もしくは既に絶滅してしまっている動物たちもたくさんいるのです。

朱さんはご家族や友人に向けてお手紙を出される時に私製切手を作って貼っていたそうです。
一点一点手作りの為に希少な作品でしたが、その「希少」性にかけて「希少生物」をモチーフにするようになったそうです。そして出来上がった作品が、当店でも何度かご紹介している「希少生物切手シリーズ」

ake.JPG
kittebook.JPG
akebook.jpg

今年5月にその私製切手のシリーズを一堂に集めて展示をしていただく予定です。
また、小さな作品の集合なので、展示の仕方もちょっと面白くなりそうですのでどうぞお楽しみに!

続いて、工房とど(陶芸、干支作品)さんの作品。
工房とどさんは個展ではなく、当店常設コーナーでお世話になっている作家さん。
未年から毎年、コーヒーカップ+干支のシリーズ作品を制作してくださっています♪
今年の干支は「酉」!さてどんな作品なのか!?それがこちら!

todos.jpg

今回はヒヨコがたくさん♪
工房とどさんは、子供達が喜ぶような遊び心満載の作品を作る作家さん。表情もサイズもカワイイ作品には、わぁっ!と嬉しい驚きも込められています。部屋に飾っておけば今年1年ワクワクした気分で過ごせそうです♡

続いて齋藤龍弘(絵画)さん。
こちらは、今回2点ご出展いただきましたが、グッと大人な雰囲気な作品。

saito.JPG

今年12月に、当店では10年連続となる個展を開催いただく予定です。その今年のテーマが「赤」なのだとか。
齋藤さんの深遠さを感じさせる色合いは、実は幾重にも重ねられた色から創られています。
「赤」も特徴あるその一つ。今回はどんな「赤」の作品が登場するのでしょうか。そして「赤」とは色のことだけなのか?その答えは12月に・・・。

そして当店では初の展示となる柴田利彦(BOXアート)さん。
柴田さんは写真家であり画家でありと言ういくつかの顔を持つアーティストさん。
今回は「BOX」シリーズの本邦初公開の作品を展示いただいています。

shibano.JPG
sibano.jpg

個展は10月の予定ですが、その個展では今回とはちょっと趣向を変えて展示いただけるのだとか。
「BOX」シリーズの世界と、個展の世界。どちらも柴田さんの顔の一つです。
どんな作品が展示されるのか、少しだけ教えていただきました。ヒントは「旅」、かな?
と言っても風景画とは違うようですよ。個人的にもこんな作品は観たことが無い、という作品になりそうです。

続いては水中庭園coco.(イラスト)さん。
「不思議の国のアリス」の世界を描き続けるイラストレーター
昨年9月からはなんと活動10周年記念YEARと言うことで、当店でも6月に10周年記念の個展を開催いただきます。
そして今月は、書き下ろし作品を展示いただきました!!それがこちら。

「TEA PARTY
coco.JPG

今回の展示会タイトルともピッタリ♪
ご存じ、アリスが不思議の国で招待された「不思議なお茶会」のシーン♪
登場キャラクター達がみんな愉しそうにお茶を愉しんでいますネ♡

そしてこちらの作品がマグカップになりました!!
cococup.jpg

原画の色味そのままで再現されたマグカップ♪これでアリスのお茶会も一層楽しくなりますね。
今月も10周年記念の画集も販売しております。
DSCN1177.JPG

続いて長谷川鋳工所(干支置物)さん。
鋳物の街、川口で歴史ある鋳物会社を経営されている社長の長谷川善一さんは、36年間も干支置物シリーズを制作し続けていらっしゃる鋳物芸術家でもいらっしゃいます。
今年の干支「酉」は縁起の良い意味合いもあるそうで、縁起良く「日輪」をイメージして制作されたそうです。

nichirin.jpg

「酉」と言えば示す方角は「西」
そしてこの日輪は「金色」

それだけでも縁起が良さそうではありますが、西に金を飾ったら風水的にも金運アップになりそうですね♪
そして今年は「丁酉」という、積み上げてきた物事が完成することを意味する年だそうなので、受験合格祈願や、祈願成就を祈ってプレゼントにも良さそうです♪

続いては柳井貴光(絵画)さん。
群馬県在住の画家さんで、当店でもお馴染みの作家さんです。
今年は7月に個展を開催いただきます。

柳井さんは地元群馬や軽井沢周辺の風景や、そこに生息する動植物を描いていらっしゃいます。
今回は鉛筆画と、柳井さんの真骨頂!?ミクストメディアの作品を展示しています。

yanai1.JPG
yanai2.JPG

柳井さんの鉛筆画は、写真ですか?と必ず聞かれる精密な作品。今回は「フウラン」という希少生物を描いたものですが、この光と影のコントラストを鉛筆だけで表現されている手腕には本当に驚かされます。

そしてミクストメディアの作品は、なんと、和紙に水彩で描いた「アサギマダラ」の羽を蜜蝋で固めたもの。
時が経つにつれ、蜜蝋に色が浸透して来て変化してきました!7月の個展ではこんな作品をもっと観られるかもしれません♪

続いてはKimono Tango(西陣織り帯バック)さん。
昨年に続いて当店では2回目の個展を11月を開催いただきます。
今回は西陣織の帯を使ったショルダーバックを出展いただきました。

kimonotango.JPG
tangobag.jpg

一つずつ丁寧に創られたバックは、帯の柄が綺麗に出るように裁断され、裏地も表地に合わせた生地選びをされています。
今回のショルダーバックは、肩からクロスにかけてもオシャレ。実は作家さんはジーンズに合わせてお使いになっていました♪
11月の作品展では、バックもトートバックからクラッチバック、小物はペンケースやお財布など充実したラインナップになります。素材と手間暇を考えるとかなりリーズナブルなお値段設定も嬉しいです♡ プレゼントにもピッタリ
なので、ヴァレンタインなどにもご利用下さい♪

さて、最後のご紹介となりました、Midori K Luck(絵画)さんです。
こちらも当店ではお馴染みの作家さん。今年は4月に個展を開催いただきます。

midori1.JPG
midori2.JPG

スペインはアンダルシア地方にお住まいで、アンダルシア名物の馬祭りや、アンダルシアの花々、果物などを描いていらっしゃる作家さんです。
Midoriさんは何より動物が大好きで、毎年盛大に開催されるフェリア(お祭り)が大好きだそう。
そこで繰り広げられる馬術競技やフラメンコの衣装を着飾る女性達などをイキイキと描かれています。
馬の表情や躍動感は、まさに目の前でシーンを観ているかのようです♪
今年はどんな作品を展示いただくのか、今からたのしみです♪

さて、今月のご紹介展にご出展くださった作家さんたちのご紹介はいかがでしたか?

お気づきの方もいらっしゃると思いますが、実は今年の展示は今回ご紹介した方々だけではありません。
今年も毎月店内を美しく飾り、気持ちよくお茶を愉しんでいただける空間にしてくれるアート作品は続々登場します。
ぜひこちらのブログや店のホームページをチェックして、毎月替わるお店の雰囲気も愉しんでいただければと思います♪

『Galleria Caffe U_U Connection展【P-ART-Y展】』は1/31(火)17:00まで開催中です。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。