So-net無料ブログ作成
検索選択

自分の感受性くらい [コラム~アートで心豊かな生活を]

カフェ・ギャラリーと言うのは面白いもので、全くアートを見ることを目的とせずご来店くださるお客さまが大半ですが、その中に壁面に飾られるアートから話が弾むこと、と言うのが良くあります。

先日もフラッとお立ち寄り下さったご近所のお客さまから「良い絵とは」と言うお話を伺いました。
恐らく絵画やアート全般に造詣の深いお方なのでしょう、フランスの詩人、美術評論家のシャルル・ボードレールの言葉を教えていただきました。

「良い絵とは、その前にしばし立って作家のポエジーを感じられるもの」(シャルル・ボードレール)

ポエジー=poesy(ボードレールはフランス人なので poésie の方がしっくりくるでしょうか)とは、「詩」のこと。
詩人ならではの言葉なのでしょう・・・その絵から「詩」を感じられるかどうか?

詩を感じるかどうか?は観た人に依存します。感覚・感性の問題なのでそれを感じるか?どう感じたか?は「私」にしか分かりません。

以前このコラムでも書いたことがありますが、個人的には
---
作品は、創る人と観る人との共同作業で完成に至るもの。
創る人が作品に込めた思いと、作品を観た人が意識下であれ無意識下であれ自分の中にある何かと重ね合わせた結果、この二者の間にしか存在し得ない完成の形がある、と思います。
そしてそれは、「ほんもの」を直接目の前にした時にのみ到達する完成の形であり、印刷物や電波などの媒体を通した時には掴みきれない、両者の間に流れる空気というか波動というかが大きく影響するのだろう。
---
と思っています。

ボードレールは別に
「他人の感受性を軽蔑してはいけない。感受性はその人の才能なのだ。」
と言う言葉も残しているそうです。

女流詩人、茨木のり子の詩にも
「自分の感受性くらい」
と言う作品があります。

” ぱさぱさに乾いてゆく心を ひとのせいにするな ” にはじまり
(省略)
" 自分の感受性くらい 自分で守れ ばかものよ " で締めくくられる詩。

私はこれらの言葉に深く共感します。
「良い絵」とはこれに尽きるのではないか、と思うのです。

【私】がポエジーを感じるかどうか。
それは、
【私】の感受性を【私】がしっかり感じているか。

先日とある電話がありました。
女性からで、

---
昔絵が大好きで色々買い集めていたけれど、家庭の事情により全て手放さなければならなかった。
最近また絵を見る余裕が出てきたのでギャラリーをまわっていたらある絵に出会い、強く惹かれてしまった。その絵を買う為に何度もそのギャラリーに足を運びやっと手に入れたけれど、作家名が分からない。
絵に付いたサインや画風からインターネットで検索し、ようやくたどり着いたのがこちらの店だった。
---

と少し興奮した口調で一気にお話になりました。
どうもその絵が当店で毎年作品展を開催される作家のものではないか、と。

その作家は、長きに渡り画家として活動を続けてこられたベテランで数々の素晴らしい作品を生み出されています。しかし、歴史的に有名でもなく、テレビ雑誌に取り上げられるような売れっ子作家でもありません。

有名・無名・人気の有無、そんなことは関係なく、その女性は「作品に魅せられ」、追いかけて追いかけてついに探し当てたのです。

これこそ、「自分の感受性」を守った、と言えるのではないでしょうか。
これこそ、この方にとっての「良い絵」と言えるのではないでしょうか。

自分の感受性を守るには、自分と向き合う時間が不可欠。
こんなことを考えられるようになったのも、約10年間毎日毎日アートと向き合ってこられたから、でしょうか・・・。

歴史的に著名な作品を美術館で観るのも素晴らしいことと思いますが、そこで1枚の絵と対峙するのは特に日本の美術館では残念ながらなかなか難しい。
ゆっくりと「自分の感受性」と向き合う・・・そんな時間を取るには、ゆっくりご覧いただけるギャラリーはオススメだと思います。

冒頭のお客さまからこの話題を引き出してくれた
Midori K Luck展 5月のアンダルシアにて』
は、本日が最終日です。17:00までご覧頂けます。
DSCN8600.JPG


nice!(1)  コメント(0) 

明日が最終日です!『Midori K Luck展 5月のアンダルシアにて』5/31(火)17:00まで [開催中の展示会情報]

新緑の季節5月もあっと言う間に過ぎ去り、緑は濃くなり日射しは暑くなって参ります。
時間は容赦なく過ぎ去りますね。

さて、5月いっぱい当店壁面ギャラリーを飾ってくれたスペイン・アンダルシアの絵画展も明日が最終日。
Midori K Luck展 5月のアンダルシアにて』5/31(火)17:00までとなります。

スペインの強い日射しによる光と影のコントラスト、抜けるような青空が映り込むほどツヤツヤに手入れされた馬の毛並み。女たちの華やかなフラメンコ衣装とお祭りの高揚感。そして作家Midoriさんが愛してやまない果物やお花たち。スペイン・アンダルシアでの生活が詰め込まれた作品展は明日17:00までです。
ぜひお見逃しなく!!!

201604midorikluck2.png
nice!(0)  コメント(0) 

予告『RANNANフェルトアート展』6/2(水)~6/30(木)@Galleria Caffé U_U [予告]

そろそろ梅雨のジメジメ季節がやってきますが、6月当店の壁面ギャラリーはジメジメを吹き飛ばすこんなパキッとカラフルな動物たちの展示です♪

『RANNANフェルトアート展』6/2(水)~6/30(木)
201606RANNAN.jpg

オーストラリア・メルボルン出身のアーティスト、RANNAN(ランナン)のフェルトアート展では、ユニコーンといった架空の動物たちを、マジカル的表情で表現したフェルトアートが並びます。
とってもカラフルで鮮やかな色の組み合わせの遊びがあります。色の組み合わせは、動物たちの顔からインスピレーションを受けており、ファンタジーな世界を創出しています。

この色遣いや表情はRANNANさん独特の世界。日本の湿気なんかどこかへやら。そんなアート展を6月いっぱいお楽しみ下さい♪

アーティスト:
RANNAN(ランナン)RANNAN.com.au

・・・そして、今月もアート展x音楽ライヴのコラボレーションを開催します!

【ガレリア ユウ コラボレーションライヴ】 『MUSIC and SILENCE』

「マジカルな動物たち」を制作するフェルトアーティスト RANNAN(ランナン)さん、
尺八とサックスの和と洋2管で「摩訶不思議な音の世界」を創りだす田中 黎山さんと大石 俊太郎さん。
アートに囲まれたカフェ空間、その場所で産み出される音の世界。
そこに、当店の人気メニューフランススイーツドリンクが加わり、目で、耳で、舌で味わうアートの世界をご堪能いただけます。
この瞬間、この場所だけの感性の出会いをどうぞお愉しみください♪

20160618.jpg

ライヴの詳細はこちらからどうぞ↓
http://i-would-be.dreamlog.jp/archives/9262775.html

出演:
大石俊太郎(サックス)http://shntr-oishi.tumblr.com/
田中黎山(尺八)http://rayzan.me/

ご予約お問い合せはGalleria Caffé U_U(ガレリア カフェ ユウ)まで。
電話 03(3944)2356
メール u_u_info@za2.so-net.ne.jp

みなさまのご来場をお待ちしております!


nice!(0)  コメント(0) 

男たちの背中 『Midori K Luck展 5月のアンダルシアにて』~5/31 [開催中の展示会情報]

【男たちの背中

女性の皆様!よく『グッとくる男性の仕草ランキング』なんてのがありますが、あなたはどんな仕草がお好きですか?

こんな背中はいかがでしょうか。

開催中『Midori K Luck展 5月のアンダルシアにて』の作家、Midoriさんの作品には背中を向けた構図が多く登場します。
Midoriさんの描く男たちの背中・・・ピンと伸ばした背筋、ビシッと張った肩、その背中は言葉にならない何かを語っているように感じます。

この作品は『挑む』(油彩)
idomu.JPG

これから試合に挑む男の背中を描いた作品。何を語ってくるでしょう。

実はこの作品、Midoriさんの新境地でもあります。
他の作品と違って背景の描写を最小限に抑え、主役がグッと惹き立ちました。これから先の新作には多く登場する描写になると思いますが、今回はこの作品だけ。

『Midori K Luck展 5月のアンダルシアにて』は5/31(火)17:00までご覧頂けます。


nice!(1)  コメント(0) 

アンダルシアの蒼い馬『Midori K Luck展 5月のアンダルシアにて』~5/31 [常設展示作品の紹介]

【栗毛、鹿毛、月毛、粕毛】
これ、何のことだかお分かりになりますか?和菓子の名前、ではありません!

ピンと来た方はもしや競馬好きでしょうか?そう、これらは全て馬の毛の色のこと。
馬と言えば「サラブレッド」を思い浮かべる方も多いと思いいますが、人間が作った最高の芸術品とまで言われるサラブレッドも、たくさんある馬の品種の中の一つ。そして馬の毛色も競馬でもお馴染み鹿毛、栗毛、芦毛以外にも白毛、河原毛、月毛、粕毛などたくさんあります。

さてこちらは、今月開催中『Midori K Luck展 5月のアンダルシアにて』でご紹介している
「アンダルシアの蒼い馬」(水彩画、38,000円)です。

FB_IMG_1463904749330.jpg

アンダルシアは馬の産地でも有名な土地ですが、スペイン・アンダルシア在住の作家のMidoriさんはこの馬をこよなく愛していらっしゃるので、今回の絵画展も馬の絵がたくさん。

以前Midoriさんからお聞きしましたが、スペインの強い日射し、抜けるような青空は良く手入れされたツヤのある馬の毛並みに反射するそうです。
この「蒼い馬」とはいわゆる「青毛(全身が漆黒)」ではなく、そんなスペイン・アンダルシアならではの「蒼い色」のことかもしれません。

そんな『Midori K Luck展 5月のアンダルシアにて』も残るところ10日となりました。
馬好き必見の絵画展ですよ♪どうぞお見逃しなく。

nice!(0)  コメント(0) 

昼の顔、夜の顔 『Midori K Luck展 5月のアンダルシアにて』~5/31 [開催中の展示会情報]

【昼の顔、夜の顔】

今月の展示は、スペイン・アンダルシア在住のMidori K Luck展です。
毎年アンダルシアで開催されるお祭りの様子に加え、Midoriさんが普段描く果物や花の水彩画も並んでいます。

こちらは「さくらんぼ」ですが、昼の顔と夜の顔。両方とも水彩画です。

「さくらんぼの囁き」(左、水彩、38,000円) 「さくらんぼの輝き」(右、水彩、38,000円)
cherry.jpg

お客さまからは「さくらんぼ、食べたくなりますね」と人気の作品ですが、タイトルを「囁き」と「輝き」にしているのもオシャレ♪あなたはどちらがお好きですか?

そして一緒に並んでいる「牡蠣」の絵なのですが、こちらがまた実は昼の顔と夜の顔が違うのです。
昼は照明を明るくしているのですが、イベント時や夜に照明を落とすと・・・なんと牡蠣が浮き上がって見えるのです!これには驚きました。

「牡蠣」(ハガキサイズ、水彩、10,000円)
kaki1yoru.jpg

いかがでしょうか?画像だとなかなか伝わりにくいかもしれませんね。
ご希望の方には照明を落としてご覧いただくことも出来ますので、どうぞスタッフまでお尋ねください。
(他のお客さまにご迷惑がかかる場合は申し訳ありませんが出来ない場合もあります。ご了承下さい。)

実はこの牡蠣、日本産だろうとのこと。スペインの牡蠣はもっと幅広で平らなんだそうですよ♪これからは岩牡蠣が美味しくなる季節ですね♪


『Midori K Luck展 5月のアンダルシアにて』は5/31(火)17:00まで開催中です。
皆様のご来場お待ちしております!


nice!(0)  コメント(0) 

全力疾走!『Midori K Luck展 5月のアンダルシアにて』~5/31 [開催中の展示会情報]

全力で走る・・・なんて何年前にしたか思い出せないくらい昔の話ですが。
子供の頃はいつでも全力疾走でしたよね。
以前、よく遊びに来ていた小学生に「お家近いの?」と聞くと「うん、走って1分!!」と元気に答えてくれました。
いつも全力疾走、だからこそ人生から多くを吸収して成長してゆくのかもしれませんね。

さて、こちらの作品は「全力疾走」(油彩、85,000円)

zenryoku.JPG

今の時期にスペイン・アンダルシアで開催される馬祭りでは、”牛追い競技”が開催されます。牛を追い棒で転がす競技で、牛が回転すれば高得点、転んだだけだと低得点・・・と点数を積み上げて競うのだそうですが(柔道みたいですね)、このシーンは全力で駆けて牛を転がし、転がった場所へ方向転換する瞬間を捉えたもの。
アンダルシア馬を巧みに操り馬上から牛を操るこの競技は、かなりの乗馬の技術を要するそうです。

そのスピード感・躍動感に加え男達の勝負への真剣さが伝わってくる作品。
・・・実はこの作品には続きがあるのですが、それは会場で。

Midori K Luck展 5月のアンダルシアにて』は5/31(火)まで開催中です。


nice!(0)  コメント(0) 

ラテンピアノ&フラメンコのライヴでした♪@『Midori K Luck展 5月のアンダルシアにて』 [開催中の展示会情報]

開催中『Midori K Luck展 5月のアンダルシアにて』は、作家のMidoriさんがお住まいスペインはアンダルシア地方で毎年この時期に開催される「フェリア」のお祭りの様子を描いた絵画展。
お祭りでは美しく逞しいアンダルシア馬に跨って牛追い競技や、フラメンコ衣装に着飾った女たちが各地から集まる賑やかなお祭り。

そんな絵画に囲まれ、正に現地の雰囲気の中でラテンピアノ&フラメンコライヴが開催されました。

出演は
世界でも認められたサルサバンド「オルケスタ・デ・ラ・ルス」現役ピアニストの斎藤タカヤさんと、
カンタオールとして20年、そして最近はPOPS界でも活躍する大渕博光さんでした。
(ライヴの様子はこちらをご覧ください。)

takayaoobuchi.jpg

お二人のライヴは、Midoriさんと現地話なども交えながら終始アットホームな雰囲気♪
今現地でもトレンドと言うピアノとフラメンコの組み合わせをたっぷり聴かせていただきました♪

アンダルシアはフラメンコの発祥と言われる土地
今回の『Midori K Luck展 5月のアンダルシアにて』では、フラメンコの絵画も数点ならんでいます。

こちらは「語らい」(油彩、36,000円)

katarai.JPG

祭りの前?最中?何を語らっているのでしょう。
スペインの強い日射しが作る真っ黒な影に、華やかな衣装が映えています♪

『Midori K Luck展 5月のアンダルシアにて』は5/31(火)17:00までご覧いただけます。



nice!(0)  コメント(0) 

魅惑の「お尻」♡ 『Midori K Luck展 5月のアンダルシアにて』~5/31 [開催中の展示会情報]

突然ですが、ブラジルでは女性の魅力は何と言っても「お尻♡ 」なのだそうです。
店で開催するブラジルライヴのMCでも良く話題に上りますが、ブラジルの男性陣は目の前に女性が通ると「ブンダ!ブンダ!(お尻)」と言って騒ぐのだとか・・・ん~とっても素直な反応(^_^;)

では、こんなお尻はいかがでしょうか?

hip.jpg

競馬では馬のお尻を見て調子の善し悪しを判断する、なんて言う節もあるくらい、馬のお尻は魅力的。
美しい毛並み・筋肉隆々で力強いお尻は、大地を蹴り上げる後ろ足、颯爽と走り抜ける美しい姿を思わせます。

開催中『Midori K Luck展 5月のアンダルシアにて』では馬の絵画が多く登場していますが、Midoriさんの描く馬は後ろ姿も多く、馬が大好きなMidoriさんだからこそ描ける魅惑のお尻がたくさん。

アンダルシア馬の産地で開催される馬祭りならでは、馬の魅力をたっぷりご覧いただける作品展は5月31日(火)まで開催中です。

特に馬好きな方はお見逃しなく♪

明日はそんな作品に囲まれた中で
【ラテンピアノ&フラメンコ】ライヴが開催されます。

先日もご紹介しましたが、Midoriさんによれば、地元スペインでも最近のトレンドはピアノとフラメンコなのだとか。
そんな正に旬なフラメンコライヴはいかがでしょうか?

出演:
斎藤タカヤ from オルケスタ・デ・ラ・ルス(ピアノ) http://takayasaito.com/Top.html
カンタオール 大渕博光 http://buchi1632.info/

<日時・チャージ>
5月10日(火)19:30~2ステージ(入替無し)18:30開場
チャージ 一般3,000円、会員2,500円 +オーダー

詳細はこちら↓
http://i-would-be.dreamlog.jp/archives/9223341.html

当日は作家のMidoriさんもご来場予定です。
お席は残り少しになっておりますので、ご予約はお早めに!
電話 03(3944)2356
メール u_u_info@za2.so-net.ne.jp


nice!(0)  コメント(0) 

母の日に絵の贈り物♪『Midori K Luck展 5月のアンダルシアにて』~5/31 [開催中の展示会情報]

今日は「母の日」ですね。
母の日と言えばカーネーション。なぜカーネーションを贈ることになったのか?は検索サイトにお任せして、お花を贈るのに永遠に美しいお花の絵はいかがでしょうか?

こちらは「アイリス」、今月開催中『Midori K Luck展 5月のアンダルシアにて』の作品です。

(水彩、ハガキサイズ、10,000円)
airisu.JPG

「アイリス」はギリシャ語の「イリス=虹」が語源。ギリシャ神話に登場するゼウスの侍女イリスが、ゼウスの妻ヘラに虹の女神に変えてもらった時に生まれた花が「アイリス」なのだとか。

花言葉は「メッセージ」「希望」「信じる心」「あなたを大切にします」など。

母の日に、日ごろの感謝を「メッセージ」にして、いつも「希望」をくれた母にこれからも「大切にします」と言う思いを込めた絵のプレゼントはいかがでしょうか(^_^)

こちらの作品は水彩で描かれたスペインのアイリス。ハガキサイズで壁にもかけられますし、テーブルに置いておくことも出来ますよ♪

ちなみに、日本では5月の第二日曜日の「母の日」、作家のMidoriさんがお住まいのスペインでは第一日曜日だそうです♪

素敵な日曜日&素敵な母の日をお過ごし下さい♪

nice!(0)  コメント(0)