So-net無料ブログ作成

本日最終日です『宮前真咲ボタニカルアート展』17:00まで [開催中の展示会情報]

日数が短いとは言え、あっと言う間の2月が去りゆきますね。
さて開催中『宮前真咲ボタニカルアート展』も本日が最終日。17時までご覧いただけます。
アクリル水彩で丁寧に描かれた花や鳥たちは、明日から3月といえどもまだまだ冷えるこの時期に、1ヶ月の間温かい春の風を届けてくれました。

雪を割って力強く地面に咲く「雪割草」
7年もかけて可愛らしい花をつける健気な「かたくり」
日本固有品種のラン「クマガイソウ」
観ているだけで涙溢れさせた「寒ぼたん」
そして「松に四十雀」はその後ろ姿から表情や思考への想像を駆り立てられました。

愛すべき作品たちが観られるのも本日17時まで。
ぜひ足をお運びいただければと思います。

19:30からの「Tuesday Night Live」にご来場いただければライヴ中も作品がご覧になれます。

miyamae1.JPG
miyamae4.JPG
miyamae14.JPG
201702omote.JPG
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

予告『藤永康之 写真展 山のささやき Ⅰ』2017/3/2(木)~3/31(金)@Galleria Caffé U_U [予告]

3月になるといよいよ春到来♪という感覚ですね。
春と言えば花が咲き乱れて・・・とイメージがありますが、それは2月の展示で先取りしたので、
3月は大自然から季節を感じてみませんか?

『藤永康之 写真展 山のささやき Ⅰ』2017/3/2(木)~3/31(金)

春に限らず、大自然は季節の訪れを一足先に教えてくれます。
登山がお好きな写真家 藤永氏が歩いた大自然を美しいモノクロ写真で切り取りました。

尾瀬や槍ヶ岳などの山野のささやきを、耳をそばだてて聴いてください。
何が語りかけられてくるでしょうか。

※作家在廊日は分かり次第当ブログかFacebookページで告知します。

また、3/5(日)に開催されるイベント「お花見ピクニック in 小石川植物園」の中で開催されるフォトコンテストでは、藤永氏が選定した作品に賞を差し上げます。
イベントやフォトコンテストの詳細はこちらからご覧いただけます↓
https://www.facebook.com/events/1211517855604451/

dm1.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

「アート」とは「言語(ことば)」である [コラム~アートで心豊かな生活を]

カフェ・ギャラリーを営んで10年の間、常に考え続けてきたことがあります。
それが

「人に感動を与える作品とはどういうモノなのか?」
「伝える、伝わる、とはどういうことなのか?」

と言うこと。

店で展示しているアートや、毎週開催している音楽ライヴなどを通じて、いつも考えさせられてきました。

誰かにとても強く感動を与えるモノは、そこから何が発信されているのか?
そしてそれを受け取る受信者とどう関係があるのか?
感動を呼ぶことは、「発信」と「受信」どちらの影響が強いのか?
それとも両者とも同時に同じモノを授受するから感動を呼ぶのか?
絵など、完成した作品を後から観るような場合でも感動を呼ぶのはなぜなのか?

などなど・・・今までもその時々に起こった出来事やインスピレーションなどから、これが「答え」なのか?と思うコトを通過してきました。
そして、先日来、立て続けに起こった「涙」の出来事が、また私を導いてくれました。

それが

「アートとは言語(ことば)である」

ということ。


「涙」の出来事。
一つ目は今月展示中の『宮前真咲ボタニカルアート展』での出来事でした。
ある若い女性のお客様、恐らく当店には初めていらっしゃった方と思いますが、その方が展示中の作品をご覧になって流された「涙」。
その方は作品から多くのメッセージを受け取り、自分の背中を押してくれたように感じたそうです。

その方が強く惹かれた作品は画像中央の「寒ぼたん」でした。
miamae2.JPG

そしてもう一つは火曜日に開催された山下TOPO洋平さん(ケーナ&サンポーニャ)と上野山英里さん(ピアノ)のデュオライヴ中での出来事でした。
このお二人の演奏を初めて聴かれたある若い男性のお客様が、曲の途中で流された「涙」。その曲が終わって次の曲までも止まらず、ライヴ終了後にもまた蘇って込み上げてきた「涙」。
曲を聴きながら、力強く進みなさいと言われているような気がしたそうです。

その方が涙した曲は「Strength」という曲でした。
Strength.jpg


そしてそのライヴでの出来事を見ていた時、あの言葉が浮かんできたのでした。

「アートとは言語(ことば)である」


絵 や 音楽 や 踊り や もしかすると料理もそうかもしれませんが、私たちが普段話したり聞いたりする日本語と同じように、それらも「言語(ことば)」なのだな、と。

つまり、その「言語(ことば)」を理解する者同士であれば、きちんと伝わる。

絵のように、生まれたその瞬間を共にする音楽や踊りと違って、時を経て対峙する場合であっても、その絵として書かれた「言語(ことば)」を理解できる者にはきちんと伝わる。

もちろん、その大前提としてその作品には”意志ある”「言語(ことば)」が乗っていないと伝わりません。

絵 と 単なる図 との、
音楽 と 単なる音 との、
踊り と 単なる動き との、
料理 と 単なる食材 との違い。

そこに「言語(ことば)」が書かれているか。

先日のライヴでピアニストの上野山さんが仰っていました。
よく自分たちの音楽を説明しなくてはいけない場面があるが、一言で説明するのはとても難しい。
言葉で説明できれば音楽を作る必要もないわけで。だからこそ曲で表現している。
それでも言葉で説明できれば便利ですけどね。・・・と。

人は何かの意志を自分以外に伝える手段として「言語(ことば)」を発するようになったけれど、「言語(ことば)」は日本語や英語やイタリア語や中国語などの文字を音にして発したモノだけでなくて、様々な表現方法でもあるということなのだろうと思います。

もちろん、象形文字など文字の原型は図だったので、これは当たり前と言えば当たり前のことかもしれません。
それでも、私にとっての「アートとは?」「感動を与えるとは?」の問いに対しては一つの答えとなりました。

ちなみに「人工的な」と言う意味の英語は「artificial」と言うそうです。
アートも言葉も、人はすごいものを生み出したものですね。

・・・今回導かれたこの「答え」も、単に一つの通過点に過ぎないかもしれません。また次の「答え」が見つかった時にはこちらでシェアしたいと思います。
この文を読まれた方でご意見・ご感想がある方はぜひお寄せ下さいね。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート

本日スタート『宮前真咲ボタニカルアート展』2/2(木)~2/28(火)@Galleria Caffé U_U [開催中の展示会情報]

本日より2月の展示がスタートしました!
『宮前真咲ボタニカルアート展』2/2(木)~2/28(火)

ボタニカルアート、と言えば写真が無かった時代から記録の為に残された植物精密画ですが、現代ではアートとして定着しています。
そのボタニカルアートでは少し珍しくアクリル水彩を用いて、よりクリアに明るい色彩に仕上げた作品です。
今回の展示では、日本の固有種も含めた“ランの花”、早春を告げる日本の山野草、そしてこの季節に見られる花鳥など13点を展示しています。

四十雀などの野鳥は、今まさに動きだそうとするほど活き活きとした仕上がり。鳥をモチーフにした作品は多けれど、このように活きた鳥はなかなか見あたらないものです。

そして、偶然なのか、今月当店で開催される火曜日ライヴに出演されるミュージシャンと縁深い作品がいくつか見られて驚きました♪

2/14(火)には、山下TOPO洋平(ケーナ・サンポーニャ)と上野山英里(ピアノ)デュオが登場しますが、そのオリジナル曲の中に「スノードロップ」というタイトルの曲があります。この和名は「待雪草」。
正確には違いますが、作品の中に「雪割草」があります。同じキンポウゲ科に属し、似たような名前の作品です♪

そして2/21(火)には、ヴォーカル高橋奈保子、ベース岸徹至の夫婦ユニット「四十雀」が登場します。こちらはまさにその「四十雀」が作品に登場しています!

図らずともギャラリー作品とライヴのコラボレーション♪
どちらも楽しみなライヴなので、ご興味ある方はぜひチェックくださいませ♪

『宮前真咲ボタニカルアート展』は2/28(火)まで開催します。

DSCN1957.JPG
DSCN1956.JPG
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アート